投資してみた

Ankr CEOのChandler Song氏、Nasdaq.com に寄稿

アラショー

おはようございます!アラショーです。Ankr CEOのChandler Song氏がクラウドコンピューティング業界の変革と崩壊に関する記事をNasdaq.comに寄稿しました。

チワワ

おはようございます!チワワです。英語だから全然わからなかったです。

アラショー

犬なのに日本語を理解できてる設定に、そもそも無理があるな。お前、ベタなマンガみたいに語尾に「○○だワン!」みたいなの付けてみろよ。

チワワ

僕はそういうタイプじゃないから。

ANKR 最新情報 価格とチャート

アラショー

6時間足のANKR/USDTチャートです。一昨日記事を投稿したあとから上昇トレンドに入りました。

チワワ

思った通りヨコヨコから上昇に転じてくれてよかったね。

アラショー

の時間足のBTCが緩やかな上昇局面も変わりない状態なのでANKRも同様の動きにあるのは予想通りの展開。BTCがぶちあがってくれない限りANKRも退屈な展開が続きそう。

チワワ

アラショー、やっぱり買い増ししたら?

アラショー

XRPがどうにも上がらない以上、それはあり得る選択肢。

Ankr CEO チャンドラー・ソン氏がナスダックドットコムにクラウド業界の記事を寄稿

アラショー

Ankrの共同創業者で CEO チャンドラー・ソン(Chandler Song)氏,  of Ankr

チワワ

Ankrは新興国市場に力を入れてるっぽいね。

the : Transforming the Cloud Computing Market

ディスラプター(Disruptors)を混乱させる(Disrupting):クラウドコンピューティング市場の変革

(注)ディスラプター(Disruptors)とは、先端技術を使って、商品・サービス・ライフスタイルに変革をもたらす人や企業の事ですが、ディスラプター(Disruptors)の出現によって古いやり方や市場は破壊されてしまうという意味合いを持っているところが「innovator」とのニュアンスの違いとなっています。

By Chandler Song, Co-Founder and CEO of Ankr

(Ankrの共同創設者兼CEOのChandler Song)

ほんの数年で、シェアリング・エコノミーはユビキタスな概念となっています。これは近い将来に散逸する可能性は低いです。 UberやAirbnbのようなハイテクな重量の気象上昇は、購買習慣や所有権の見方の新時代を迎え、公共交通機関や不動産などの産業を混乱させました。

2025年に3,350億ドルに成長すると予測されているシェアリングエコノミーは、最新の技術進歩でさえも根本的に変革し、より良い民主化を行う能力を持っています。これは、AmazonやMicrosoftのような比較的伝統的な技術コングロマリットによる既存のクラウドサービスの独占に挑戦しながら、より高い効率性、アクセス、そしてより低いコストをもたらすことができます。

クラウドを搭載

最終的にクラウドコンピューティングを生み出した基本的な概念は、90年代のインターネットの初期の時代にさかのぼることができます。サービス提供として、2006年にAmazonのElastic Compute Cloud製品がリリースされ、続いてAmazon Web Services部門が創設され、GoogleやNASAなどの他のプレーヤーがクラウドコンピューティングを提供し始めたことが、テクノロジー分野への参入を迎えました。それ以降、クラウドコンピューティング部門は過去10年間で複数の変革を遂げ、より企業向けのカスタマイズされたソリューションを生み出してきました。

今日、クラウドコンピューティングは、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)、およびサービスとしてのソフトウェア(SaaS)の3つの主要サービスに分類できます。クラウドプラットフォームの種類ごとに独自の利点とユースケースがありますが、基本的なレベルでは、スケーラビリティ、使いやすさ、低コスト、急成長するエコシステム、最新のテクノロジへのアクセスなど、コンピューティングリソースの共有に関する一般的なメリットがあります。 。

厄介な状態を乗り越え、主流の成功を達成するために継続してきたビジネスにとっての問題は、もはやクラウドの実装が必要かどうかという問題ではなく、それがいつどのように、またはいつ行われるのかということです。

確かに、ハイブリッドクラウドソリューションの開発とKubernetesのようなコンテナの革新はクラウド採用の次の段階をマークします。

企業がニーズに合わせてクラウドソリューションをより適切に適応させることができるようになったところでは、ワークロードをマルチクラウド環境に移行することで、パブリッククラウドリソースとプライベートクラウドリソースの両方を組み合わせることができます。

クラウドコンピューティングがソフトウェアとサービスの開発と提供の方法に革命をもたらしたと同時に、そのような熾烈な競争の激しい業界とは異なるコラボレーションのレベルでテクノロジ、ビジネス、および人々を結びつけることは明らかです。 2020年までに5,550億ドルに達すると予測される市場シェアで、シェアリング経済の背後にあるいくつかの原則と平行する理由で、クラウドサービス市場は驚くべき成長を遂げました。基盤となるテクノロジの管理今日存在する無数の製品により、さまざまな規模とさまざまなニーズを持つ企業は、よりデジタルインターフェイスへの移行に合わせて、クラウドコンピューティングソリューションをニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

巨人に直面して

企業はクラウドコンピューティングソリューションを実装することで大きなメリットを確実に得ることができますが、それにはいくつかの欠点もあります。 Synergy Research Groupの統計によると、クラウドコンピューティングの市場シェアには大きな不均衡があります。 2017年には、アマゾン、マイクロソフト、IBM、グーグル、アリババの上位5大企業が、パブリッククラウド市場全体の約75%の総合市場シェアを獲得しました。

これは、これらのハイテク企業が意図的にエンタープライズユーザーをターゲットにしてワークロードをクラウドに移行させた結果です。採用の増加は良いことですが、企業が実際の理解や明確なニーズの認識なしにソリューションを実装できる可能性もあります。彼らの市場優位性は、中小規模のクラウド事業者を犠牲にしてもいます。これらの事業者の規模と資金力が不足しているため、より大きな競合他社に追いつくことができません。

既存のクラウドコンピューティングサービスの独占は、クラウドへのアクセスを信じられないほど高価にすることによって、そのようなソリューションを実装する中小企業の能力にも大きな影響を与えます。

技術が発展し続けるにつれて、企業はそれに応じて労働者を熟練させる必要があります。それに加えて、セキュリティからコスト管理に至るまで、クラウド実装の長期的な実行可能性を取り巻くいくつかの他の懸念があります。クラウドコンピューティングの企業での採用は増え続けていますが、企業は、コストの高騰と技術の高度化が長期的な実装を妨げる可能性があるという現実に直面しています。

インクルーシブ経済

シェアリングエコノミーの急増に伴い、分散クラウドコンピューティングは、今日の集中型クラウドの限界に対処し、既存のリソースを収益化しながらコストの上昇を軽減する方法として浮上し、より大きな利益をもたらしています。分散型アスペクトが、分散型ネットワークを構築するためにブロックチェーンなどの他のテクノロジとペアになっていると、セキュリティの向上にもつながります。

分散型テクノロジの出現まで、膨大な量のアイドル状態のコンピューティング能力が世界中で未開発のまま残されてきました。ますます多くのコンピュータ、スマートフォン、およびその他のデバイスがオンラインになるにつれて、アイドル電力の量も増えます。分散化と共有経済の概念は、企業と個人ユーザーがアイドル状態のコンピューティングリソースを共有市場に投入できるようにすることで、増大するクラウド廃棄物問題に取り組むのに役立ちます。

世界中の個人からこれらの十分に活用されていないリソースを利用することによって、私たちは容易に悪用または独占されることができる1つの中央ハブに頼る必要なしに増大する需要を支えるために途方もないコンピューティングパワーを生み出すことができます。

よりデジタル化された運用状態およびストレージへの移行は、大小を問わずすべての企業が採用できるようにするための一歩前進となるはずです。シェアリングエコノミーモデルでクラウドコンピューティング部門を混乱させることで、コストの急上昇を心配せずに、より広範な企業がクラウドの利点を活用できると同時に、このソリューション全体へのアクセスを民主化することができます。

アラショー

流石、AnkrのCEOだけあって、クラウド業界での注目度がたかいね。上場していないのにナスダックに寄稿するなんて業界トップ扱いだよ。

チワワ

将来的には記事に名前が出てた”Uber”みたいに上場するかも。